時間はあるけど、お金はないよ。

2010年6月4日、約11ヶ月のカナダ生活(ワーキングホリデー)を終えてビミョーな英語力を手に入れて帰ってきました。
ぶっちゃけ、、カナダで暮らした意味ってあんのかな…??と腑に落ちないまま最近暮らしてます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
巷にあふれる、「新年あけましておめでとうございます」
あけましておめでとうございます!

年々、"お正月感"を感じづらくなっているのは私だけでしょうか。。
親戚めっちゃ集まって、大人はお酒・子供はみんなでカードゲーム、みたいなそんなお正月またできればいいのにな〜(遠い目)

さて、タイトルの「新年あけましておめでとうございます」なんですが、よく聞いたり見たりします。

実は間違ってるとか言われてますよね。

私自身できれば正しい日本語を使いたいなーとか思ったりするので、「あけましておめでとうございます」か「新年おめでとうございます」を使ってはいますが。。

言葉は変化していくものだとも思っているから、そもそも"正しい日本語"ってなんじゃろ。とも思うけれど(^^;

「新年 あけましておめでとうございます」と使う場合は、はてなキーワード「あけましておめでとうございます」の異説(「新年ですね。旧年があけましておめでとうございます」)の感じで使うとしたら、しっくりくるなーとも思います。

異説

1.上述の通り、「あけましておめでとう」は、「新しい年が明けておめでとう」という意味である。しかし、「新年」は、自明であるために略されているのだと理解される。従って、あえて「新年」を略さずに「新年あけまして〜」としても、重複とはいえない。

2.「休み明け」「夜明け」といった例にも見えるとおり、「年明け」において明けているのは「新年」ではなく「旧年」である。従って、「新年あけまして〜」は、「昼明け」のように間違っている。あえて何か冠するなら「旧年あけましておめでとう」ではないか。
「新年、あけましておめでとう」と、二つに分け、「新年ですね。旧年があけましておめでとうございます」の意味に解するなら、「旧年」説に即して考えても問題はないことになるのではないか。



昨年のことにはなりますが三省堂が選んだ2016年の新語が苦手ですたらーっ

1位:ほぼほぼ
2位:エモい
3位:ゲスい

4位以下気になる方は上のリンクからどうぞ。

「ほぼほぼ」が苦手なんですよね〜。アクセントが!これだけは、使うことは無いと思う。
なんつーか、イキってるというか。

・・・わかった!「シースー」とか「チャンネェー」とかのアクセントだからかも!

みなさんはいかがなんでしょう、新しい言葉。





| nozomi | ソノタモロモロ/自分ごと | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
私の体は炭酸飲料のペットボトルなのか?!(腹腔鏡 術後の不快感)
前回は皮様嚢腫の腹腔鏡手術のあと、太ももにしびれが出たってのを書いたんだけど、術後の不快感はほかにもあったんですよ。

腹腔鏡手術って、おなかガバッと開かないで、器具を入れたりとか必要なだけの穴をおなかに開けてする手術なのだけどそれだけじゃ手術できないから、穴から炭酸ガスを注入して作業スペースや視界を確保するんだって。

それで術後なのだけれど、その炭酸ガスが体のなかに残っているらしいのです。

ネットで調べると、”膨満感”や”肩こりのような痛み”が出る場合があるという情報はよく出てくる。

私の場合は、横になったり起き上がったり、体勢を変えたときに体の中を大きな泡がブクブクブク〜〜。ボコボコボコ〜〜!!と大移動するような感じがあった。

これがすっごい不快で不快で!
ほんと、自分の体がコーラとか炭酸飲料のペットボトルになったみたいな感じだった。

1〜2週間は続いたなー、ブクブクボコボコの不快感。

これもネットで調べると、炭酸ガスはすぐに血中に吸収される。
術後よく動けば、”膨満感”や”肩こりのような痛み”は1〜2日で解消されるとか、書いてありましたけど。


実際の体験談を見ると1週間・2週間は”お腹がぱんぱん”とかそういうのが多いみたいですね。



JUGEMテーマ:健康


| nozomi | 皮様のう腫 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
腹腔鏡手術後、左太ももにしびれ。
もう2年半も前のことになるけど、皮様嚢腫で腹腔鏡手術したときのこと。
手術とかの事、まとめて書こう〜!って思ってて早2年半。まじで、30過ぎるとはやいね。

「ゴールデンウィークに手術してきた。」(2014年/5月)

タイトルどおり、術後になぞの太ももしびれがありました。

その時のメモを見ると、

”5月8日くらいから左太もも全面にしびれるような痛み。さわるだけでもちょっと痛い。”

と書いてある。

正座をずーっとしたあとのしびれにしていた気がする。
さすがに今はもうそのしびれは解消されたんだけど、退院してもなかなかしびれは消えずに残ってて、すっごい不安だったなぁ。。「このまま一生左足しびれてたら困る!!」みたいに悲観的でしたモゴモゴ

それで、たしか1ヶ月後だかの検診の時に執刀医に訪ねたんです、

「左太ももがしびれてるんですけど、これって何なんですか?!」って。

医者いわく、”手術しているときに、足をバーンと上に上げた状態だったから神経が圧迫されて、そういうしびれが出る人がいる”だとか。

1年くらいはほんのりしびれのこってたかなー。
でも2年半たった今ではすっかり直りました😊
よかったよかった♪


JUGEMテーマ:健康

| nozomi | 皮様のう腫 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
トラックの運転席にネズミのかぶりもの?
昨日のことなんだけど、道を歩いてたら工事のトラックが日陰に止まっていたんだけど、運転席に蛍光オレンジの耳のネズミのかぶりものみたいなのが見えたの。

「工事のおじさんたちの間にまでハロウィンは浸透したのか?」なんて思って、

フロントガラスは光を反射していてよく見えなかったんだけど、ちょっと目を凝らしてみちゃったの。
そしたら蛍光オレンジの耳みたいのが、ぴょこぴょこ動いたんだよね。

とことこ歩きながら見てたんだけど、光の反射が緩んで、見えたのはネズミのかぶりものじゃなくて、ハンドルの上で足組んでた工事のおっちゃんの靴下でした。。おばけ

おじさんの靴下をガン見しちゃった。ってだけの話たらーっ
| nozomi | アホ日記。 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
皮様嚢腫の手術から1年(+α)…元気にやってます。
自分が経験した、皮様嚢腫の手術について時系列にそってブログに書くぞー!と意気込んでたんだけど、やっぱりめんどくさがりなのよね、私。

去年の5月頭に皮様嚢腫の腹腔鏡手術を受けまして、かれこれ1年ちょっと、元気にやっております。

でも傷はのこってるんだよねー。。

術後すぐの検診で担当医に手術跡を見せたときに「うん、キレイに出来た」といった感じで先生は満足気。
先生的にはキレイなのかもしれないけど、私的にはうーん…という感じ。

へその下8cmくらいのところに4cmくらいの長さの横長の手術跡。
その傷のところだけ押さえられたようになっていて、上に贅肉がのっている!!!泣き顔

↓こんな感じ。泣き顔
腹

術前におなか辺りの写真撮ったから、そのうちアップしたいなーーーピピピ

JUGEMテーマ:健康

| nozomi | 皮様のう腫 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/142PAGES >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら (JUGEMレビュー »)
池田 香代子, C.ダグラス・ラミス
このページの先頭へ

このページの先頭へ