時間はあるけど、お金はないよ。

2010年6月4日、約11ヶ月のカナダ生活(ワーキングホリデー)を終えてビミョーな英語力を手に入れて帰ってきました。
ぶっちゃけ、、カナダで暮らした意味ってあんのかな…??と腑に落ちないまま最近暮らしてます。
<< 腹腔鏡手術後、左太ももにしびれ。 | main | 巷にあふれる、「新年あけましておめでとうございます」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
私の体は炭酸飲料のペットボトルなのか?!(腹腔鏡 術後の不快感)
前回は皮様嚢腫の腹腔鏡手術のあと、太ももにしびれが出たってのを書いたんだけど、術後の不快感はほかにもあったんですよ。

腹腔鏡手術って、おなかガバッと開かないで、器具を入れたりとか必要なだけの穴をおなかに開けてする手術なのだけどそれだけじゃ手術できないから、穴から炭酸ガスを注入して作業スペースや視界を確保するんだって。

それで術後なのだけれど、その炭酸ガスが体のなかに残っているらしいのです。

ネットで調べると、”膨満感”や”肩こりのような痛み”が出る場合があるという情報はよく出てくる。

私の場合は、横になったり起き上がったり、体勢を変えたときに体の中を大きな泡がブクブクブク〜〜。ボコボコボコ〜〜!!と大移動するような感じがあった。

これがすっごい不快で不快で!
ほんと、自分の体がコーラとか炭酸飲料のペットボトルになったみたいな感じだった。

1〜2週間は続いたなー、ブクブクボコボコの不快感。

これもネットで調べると、炭酸ガスはすぐに血中に吸収される。
術後よく動けば、”膨満感”や”肩こりのような痛み”は1〜2日で解消されるとか、書いてありましたけど。


実際の体験談を見ると1週間・2週間は”お腹がぱんぱん”とかそういうのが多いみたいですね。



JUGEMテーマ:健康


| nozomi | 皮様のう腫 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:32 | - | - |









http://nonzoo.jugem.jp/trackback/722
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら (JUGEMレビュー »)
池田 香代子, C.ダグラス・ラミス
このページの先頭へ

このページの先頭へ