時間はあるけど、お金はないよ。

2010年6月4日、約11ヶ月のカナダ生活(ワーキングホリデー)を終えてビミョーな英語力を手に入れて帰ってきました。
ぶっちゃけ、、カナダで暮らした意味ってあんのかな…??と腑に落ちないまま最近暮らしてます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
手術前の検査
手術の日が決まったので今日このまんま術前検査してっちゃってください!ということで、検査をしていくことになった。

・血液検査
・尿検査
・心電図検査
・胸部レントゲン
・呼吸器系検査
上の検査をしました。

なかでもつらかったのは呼吸器系の検査!
なんか、どれだけ吸い込めるか、吐き出せるかみたいのを測る検査のようだったんだけど、勢い良く吐いて吸い込むっていうのとゆっくり吐いて吸い込むという2通りの測り方。

しかも、「限界まで吐き出してーーー!!」と自分の限界に挑戦させられる…もう限界ぃと思っていても「まだまだ!限界までがんばって〜〜!」と言われる。
すげーキツかったよ!><
しかも、検査のおばさんの声がとてもデカく、待合室で待っていたダーリンに丸聞こえだったそうです。
検査が終わって出てみるとニヤニヤしてました。

あとは、血液検査の際にけっこう血を採るのに時間がかかって暇を持て余したので検査員の人に聞いた質問
→採血の血管って動脈なんですか?
→「採血は静脈でやるんですよー。動脈は大事な血管だから静脈に比べて皮膚の奥の方にあるんだよ。脈拍とったりするのは動脈ね。」というお答えでした!
まめ知識になるね!

あとは耳たぶの先をちょろっと切られましたね。血が止まる時間を測る検査なのだそうです。

いろんな検査が必要なんだね〜

JUGEMテーマ:健康


| nozomi | 皮様のう腫 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
総合病院で相談してください。
MRIの結果が病院に届き再診。

結局、やはり皮様嚢腫っぽいとのこと。

手術は絶対した方がいいのか?と聞くと、この大きさ(こぶし大)だと卵管が捻れやすいため(茎捻転)基本的には手術するのをお勧めするといったスタンスだった。

「どちらにしてもこの病院じゃ手術できないので、大きな病院に行ってそこの先生と相談してください。」とのこと。

2つの病院を提案されたけど、HPとかも見ずにその場でアクセスが良さそうな方に決めて紹介状を書いてもらった。


紹介状を書いてもらった病院での初診。
MRIの画像を持って行って見てもらうもやっぱり、おそらく皮様嚢腫でしょうとのこと。
再度説明受ける。前の病院で聞いたことばっかだよ〜〜たらーっ

大きくなってるのは右側っぽいけど、ほぼ身体の真ん中にきてるからもしかしたら左の卵巣かもしれない。とかとか。
「まぁ、開けてみたら分かるから!」とノーテンキというか配慮ないというか…

「で、手術はいつにする?」いきなり聞かれる。

いやいや、前の病院の先生は相談して下さいって言ってたんよ?どっちにろ手術になるんだよなーって、覚悟は決めてきたけど、そんな決めつけた聞き方で言いわけ?

出来るだけ早い日でちょうど良さそうな日ということで5月の1日に手術という予定になった。

ちゃんと症状について説明してくれたはいいけど、患者(私)にとっては人生で初めての手術だし不安ばっかりなのに、お医者の先生の対応はあまりにもルーティンな感じだったので不快だった。
好意的にとれば、「よくあることだから心配すんな。」っていう言葉に置き換わるのかもしれないけど。。


JUGEMテーマ:健康


| nozomi | 皮様のう腫 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
初めてのMRI
前回の検査の結果、炎症マーカーとかいうのの数値は低く皮様嚢腫が原因で起きた腹痛かどうかはよくわからないとのことだったけど、卵巣嚢腫は良性の可能性が高いよとのことだった。ついでに子宮頸がんも大丈夫とのこと。

くわしく診る為にMRI撮ったほうがいいんじゃない?とのことだったので、予約を取ってもらうことに。

「ここでは撮れないからべつの病院で撮ってきてね〜」と言われたので、
「え、どうすればいいんですか?勝手に直接そっちの病院に行ったらいいんですか?」と聞いたところ、
「いやいや、紹介じゃないと実費になって高くついちゃうから今予約とりますよ。」とのこと。
なるほどね〜。

予約の日。
何時間か前から食べたらダメだったから、終わったら美味しいもんたべるぞーと意気込んでた。

初めてのMRIだけど、金属とか身に付いてるとダメってことで、病院で用意されてるパジャマみたいのに着替える。ブラも外さないといけないからちょっと恥ずかしいね。

実際MRIの機械を見た時は「おお!テレビで見るのと同じ!」とちょっと感動。

係の人に「じゃー、ここ横になってくださいー」と言われ台に横になる。

腹部のMRIを撮るので動いちゃうまく写らないらしく、めっちゃベルトでガチガチに固定された。
しかもむちゃむちゃうるさい。

ドゥンドゥゥン ドゥンドゥゥン
ってずっと鳴ってた。

「うるさいんで、これ付けてくださいねー。」と言って係の人がヘッドフォンを付けた。
「30分くらいですから。」と言い部屋から出て行く係の人。

ドゥンドゥゥン ドゥンドゥゥンって鳴ってる中、ヘッドフォンからは歌なしのミスチルの曲(スーパーで流れてそうなやつ)がかかってた。

30分とか長いよ〜…と思ってたけど、ミスチルのお陰か、うつらうつらして軽く寝たかも知んない。割と早く終わった。

着替えてお会計。
8千円弱。たけえ。

美味しいご飯を食べて帰った。

JUGEMテーマ:健康
| nozomi | 皮様のう腫 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴールデンウィークに手術してきた。
タイトルのまんまですが、ゴールデンウィークに手術&入院してきました。
もう無事退院して、完璧ではないものの通常の生活を送っています。

発覚から手術、入院まで。
私自身がそうだったように、ネットでブログや掲示板などの多くの情報に精神的に助けられたり、いろいろ知ったりと出来たので自分も記そうと思います。


そもそもの始まりは、2月の半ばバイトに向かう途中に、下腹が突然モーレツに痛くなったのが始まりだった。
かなり痛かったので、バイトを早退させてもらい、「もしかしたら妊娠?」との思いもあったので婦人科の病院に行った。

実は病院に着く頃には痛みはすーっと引いていたんだけどそのまま診てもらう。

超音波をつかった内診の結果、通常は親指くらいの大きさであるはずの卵巣が、片方こぶし大に腫れているというのだ。

先生「多分、良性の腫瘍でしょう。ちゃんと診る為にMRI撮った方がいいかもね。」とのこと…

腫瘍…??ぽかーんと開いた口が塞がらなかった。ムック状態だった。
だいたい大きくなり過ぎでしょ!よく気付かないもんだな!

先生「おそらく皮様のう腫だと思うよ。卵巣の中に髪の毛や脂肪が入っているやつ。何十人に一人とかでなるよ。」

え??!髪の毛??? どうやって入った訳???!意味ワカラン。。。ムニョムニョ

その日は炎症や、ついでに子宮頸がんの検査の検体をとって帰宅。

家に着いたらとりあえずネットでいろいろ調べた。
皮様嚢腫とは一体なんなのか?

調べてみると、手塚治虫の『ブラックジャック』に出てくるピノコが皮様嚢腫から生まれた(作られた?)ことが分かった。
そういえばそんなシーンあったな。漫画の中では奇形種と呼ばれてたね。

原因は不明で、処女でもなることがあるんだって。卵巣の中で勝手に細胞が以上に分裂しちゃったものみたい。。

自分がこんなことになるまで知らなかったけど、卵巣も沈黙の臓器と呼ばれてるんだって!
膵臓、肝臓、腎臓、臓器は語ってくれないから、定期的な健康診断で自分の体の声聞こうとしたいね。


次回、『初めてのMRI』お楽しみに!

JUGEMテーマ:健康


| nozomi | 皮様のう腫 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
韓国の沈没の件…
韓国で旅客船が沈没したニュースについて、連日放送されていますね。

現在も救出は続いている状態とのことなのですが、今朝のニュースで知ったんだけど、韓国政府は日本政府の支援の申し出を断ったらしいです。。
これから行っても遅すぎるということなのか、居すぎても邪魔になるだけとかなのか…?
このことについて韓国国民はどう思ってるんだろ…。。

事故を起こした船長についての報道もあって、乗組員・乗客の避難よりも先に自分だけさっさと避難したとか、病室で濡れたお札を乾かしていたとか報道されていた。
信じらんない。船長としての責任とか、人間としての道徳心とか、、無いんかな…。。

そして、上記のニュースはたまたま見ていたフジテレビの朝のニュースで知ったので、フジテレビは偏向報道(韓国擁護)というイメージがあったのでちょっと意外でした。


ともかく、生存の可能性がある限り、最善を尽くして救出にあたっていただきたいです。



ちなみに、ネットで調べたら韓国国民の反応をまとめたサイトあった。(韓国語分かんないから正しいのか分からないけど。)
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/38338381.html
| nozomi | 考えごと | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/142PAGES >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

世界がもし100人の村だったら
世界がもし100人の村だったら (JUGEMレビュー »)
池田 香代子, C.ダグラス・ラミス
このページの先頭へ

このページの先頭へ